9月 06, 2006 - 5 Comments - お手紙 -

やっと治ってまた通院

食中毒か?と大騒ぎしていましたが、発症してから三日目にしてほぼ体調は元にもどってきました。
周囲では「夏風邪じゃない?」とか「胃腸風邪だよ」とかいろんな情報が飛び交っい、思い当たる事多すぎて原因は特定できてません(^^;
でもでも、旦那の食い残した刺身の一切れ・・これが引き金になったのは確かだと思ってます(^^;
(みなさん、生ものが残っても「もったいないなー」と思って食べる時には加熱しましょう)
まだ万全ではありませんが、安心して外出できます。
熱も下がったし、トイレの場所も気にすることがないし(初日はトイレから離れられませんでした)。
で、熱も下がって歩けるようになった昨日、近所の皮膚科に行ってきました。
ホクロ除去の二週間後の通院が4日だったんです、早めに行かないと(汗)
一皮剥けると思っていた水ぶくれは、見事にへこんで固くなってしまいました(^^;
—–(診察室より中継)—–
先生「どう?あれ?剥けてないね?」
私 「見事な水ぶくれになったんですけど、固くなっちゃいました」
先生「水ぶくれにはなったのね」
すーっと手が机に伸びて小さなメスを握りました。
(ひょえー!切開すんのかい!?)
ガリガリガリ・・・どうやら固くなった部分を剥がしたみたいです。
先生「まだ残ってるからもう一度やりましょうね」
私 「え?」
足の裏には見事にぽっこりと穴が開いております・・穴ですよ、穴!足の裏に穴!そこに塗るんですか?先生!?
前回同様、液体窒素みたいのを足の穴に塗り始めました。
私 「うぐぐぐぐぐ・・・(痛い)」
メスで切られるよりも痛い!皮膚が薄くなってる分、痛いったら!
顔がクシャオバサンになるぅぅ~○×▲
—–(中継終了)—–
受付「はい、810円です」
と気が付いたらお金を支払って病院を出ていました。
その帰りに近所の幼稚園で夏の終わりを見つけました(^^)
花が終わって頭を重たく下げた向日葵です、ここに種がいーっぱい出来るんですね。
「リスとか野鳥とか来るのかな?」とふと思いました。
画像
今度、鳥を飼うときは大きいのもいいなー?なんてね(^^)


5 Responses to やっと治ってまた通院

  1. かおり

    ヨウムとかキバタンとかどう?この前のペットショップにいたキバタンはかわいかったよー。なでてって頭を差し出すから、触らないでねって書いてあったけどカシカシカシってしてあげちゃった(笑)かわいいー。

    6 9月 2006 - Reply
  2. かおり

    痛そうっ、読んでるだけで顔がしかめってくるっっ

    6 9月 2006 - Reply
  3. はますけ

    鳥さんの「なでて」攻撃にゃ弱いよね~、私たち(^^)
    頭を差し出したり、首の部分の羽根を膨らませれ「掻いて」なぁーんてやられたら、もうメロメロだぁ~
    足、痛かったぜ。
    それも足の裏ド真ん中だから、歩いても痛い(笑)
    でも先生は「そんなに痛くならない」って・・・(汗)

    6 9月 2006 - Reply
  4. TOM

    体調が良くなってきて、良かったですね!
    悪いもん出し切れば治る(失礼)って感じなので、本当に食中毒だったようですね。
    病院は大変でしたね~!
    足の裏を麻酔無しで削るなんて……ありえない~!!
    絶対嫌~!!
    魚の目取りに行くのが益々嫌になったので、大事に育てます♪(笑)。
    ひまわりの花って、うちの近所では滅多にみかけません。
    小学校が近くにありますが、朝顔ばっかり。
    写真のように立派に育てるのは、条件が良くないと難しいのかしらね?
    大きな鳥は、私も実は買ってみたいです。
    希望としては、もし親が死んでも独身そうなら、相棒に30年くらい生きそうな大型インコをお迎えしたいな~…と思ってます。
    そうすれば自分も「鳥より先に逝けない!」…と、元気で長生きするに違いない♪(良いプランでしょ?)

    6 9月 2006 - Reply
  5. はますけ

    そうそう、本当に「出し切れー!」って感じで体が根性を見せてくれました、こっちは辛かったけど(^^;
    あははは、ホクロ取りの実況は怖かった?
    足の裏の皮って思ったよりも厚いので、切ってもそんなに痛くなかったよ。
    ・・とは言っても私も「右足のウオノメは絶対に先生に見せない」とか思っちゃった(^^;
    歩くのに差しさわりがあるなら病院に行ったほうがいいけど、それ以外なら「仲良くお付き合い」って感じかな。
    ウチも「中位でもいいから飼ってみたいなー」と言ったら「その前にオバアチャンになるよ」と笑われました。
    でも、TOMさんと同意見で、愛する者が傍にいればボケずに長生きできそうですよね(^^)

    6 9月 2006 - Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です