5月 12, 2009 - 0 Comments - 通院日記(知恵袋) -

ストレスは観察力で

今、キリンは一日の食事量を8gに制限しています
すると夕方には餌箱はスッカラカンのカン☆
「お腹が空き過ぎて、羽根を抜く事を覚えちゃったりしないかな?」と心配だったので先生に「ストレスで特有の行動とかあるのでしょうか?」と聞いてみました
・特に、決まった行動はない
・その子の個性でいろんな行動をとる
・大人しく黙って耐えている子もいれば、
・カゴの中で大暴れする子もいるし、
・注意をひこうと鳴き続ける子もいるし、
・頻繁に噛み付いたりする子もいるし、
・止まり木を齧ってしまう子もいる
・・と言う事でした
やはり飼い主の日頃の観察力がモノをいうみたいです
「あれ?今迄こんなのやらなかったのに?」とか
「あれ?こんな激しい行動は初めてだ」とか、その辺りの判断みたいです
人間の子供でもストレスを受けると、オモラシしたり、爪をかんだり、母親から離れなくなったり、お昼寝しなくなったり・・・いろんな症状がでますもんね、それと一緒です
飼い主の愛情でカバーしていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です