8月 06, 2006 - 6 Comments - だって浜すけだもん -

13:30に火葬します

本日(8月6日)、午後1時30分に浜すけの遺体を火葬します。
(ペット専門葬儀所にて)
その時刻にふと「あ、そういえば・・」と気が付いた方は手を合わせてみてください。
きっと喜ぶと思います。
幸い日曜日で旦那も同席できるので、すぐに決めました。
硬くなってしまった浜すけの体、とても暑いので痛みやすいし、早々に灰にして神様にお返ししようと思います。
いつでもいいです、ちょっとだけ空を見上げてみてください(^^)
沢山のみなさんに支えられて私も浜すけも旦那も幸せです。
(だめだ、こう書くと涙が止まらないや・・・)


6 Responses to 13:30に火葬します

  1. はっち

    あぁ。。。。。私もいろんな想いが駆け巡っていてすべてを言葉に言い表せません(T_T)
    本当にふたりでよく頑張ったネ!
    そして最後ははますけさんの手の中で安らかに旅立ててよかったです。
    どの道を取っても”後悔”は付きまとうんです。飼い主にとっては宿命とも言えるかもしれません。
    右か左かどっちの道を選んだとしてもきっと縁があってふたりが結びついたことだと思いますから。
    きっと浜ちゃんも”ありがとう”って言ってると思います。
    1時半。東の空へ向かって合掌します(T人T)

    6 8月 2006 - Reply
  2. はますけ

    ありがとうございます、はっちさんの言葉に救われます。
    本当に治療を選択する分岐点ってのは道を決める者にとってキツイですね、イヤってくらい実感しました。
    旦那は「私が病院に連れていってればー・・・私のせいだー」と泣いている私に「もしかしたら通院途中で死んでいたかもしれないんだから」と言ってくれましたが、やはり後悔の念は消し去りきれません。
    でも、きっとそれでも浜すけは私の所を選んで来てくれたんですよね。
    そう思うと心が軽くなります。
    今日は朝から自治会で誰にも知らせる事ができないのが心残りだったのですが、こうして合唱してくれてありがとうございます。
    ”一人じゃない”ということはとてもありがたいです。

    6 8月 2006 - Reply
  3. のりっち

    はますけちゃん、頑張ったね。大好きな家族に見守られてお空にいったのね。
    はますけちゃんの体はこの世になくても、いつもいつも家族のそばにいますよ♪
    はますけちゃんのために泣いてあげるのも悪いことじゃないんだよ♪
    ワタシも空にむかってお祈りします。

    6 8月 2006 - Reply
  4. G3shima

    今朝は5時くらいからずっとエストがいつもと違い、鼻をくっつけても餌やお水をあげても、キョロキョロしてビービーとうるさく、どうしたのか思ってたら後で訃報を知りました。エスト、虫の知らせならぬ、鳥の知らせでもあったのでしょうか。
    毎日日記を見て自分なりに心の準備をしたつもりでしたが、やっぱりショックで悲しいです。
    でも浜すけちゃんは、最高の飼い主とお医者さんのおかげで、大好きなはますけさんの元で安らかに眠れて幸せだったと思います。
    ご冥福をお祈りします。

    6 8月 2006 - Reply
  5. はますけ

    >のりちゃん
    お祈りしてくれてありがとうございます、人間の愛情がペットにとって最高の勲章なのです。
    人間の傍にいて愛情を感じられるのがペットの特権だものね。
    鳥として最後まで根性で止まり木にとまっていてくれました。
    見上げんばかりの根性でした。
    それが亡くなる二日前から私の手の中に入りたがってグーグーと居眠りするようになったんです。
    最後も手の中だったし「それだけでも良かったな」と思ってます。
    その安心感がいつまでも浜すけを私をつないでいて欲しいです(^^)
    きっと傍にいるんだろうな~
    私の食欲が落ちた時には「食えー!」と念力を送ってくれることでしょう(医者も驚く食欲大魔神だったんです)

    7 8月 2006 - Reply
  6. はますけ

    >G3shimaさん
    きっとエストちゃんは何かを感じてくれたんですね、人間よりもはるかに感度いいですから・・きっとその頃、浜すけは大好きな鏡の間から落っこちて床の隅に移動していたんでしょう。
    私も自分に言い聞かせるように日記を書いていましたが、やはりあの別れの瞬間は来るとは分かっていても来て欲しくなかったです。
    一番の慰めは、本当に眠るように息をひきとったことです。(飼い主は気が付かずにずーっと頭をなでていたのでした)
    そして私に「(多少後悔はあるにせよ)諦めずにやることはやったんだ」という自信と心の強さを残してくれたことです。
    一つの命との別れには、沢山の学ぶべきことが隠されているような気がします。それを浜すけは教えてくれました(^^)
    いつも暖かいコメントをありがとうございます、どれくらい笑って勇気づけられた事か・・気を落とさずに、エストちゃんの存在をもーっと感じて幸せをみなさんに伝えてくださいね「飼い主元気で餌くれりゃイイ」って感じかな?!

    7 8月 2006 - Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です