6月 07, 2006 - 0 Comments - 通院日記(知恵袋) -

通院記録

本日の通院結果です。
まず、出血に関しては、抗生物質の中身を変えなければならないそうです。
なぜなら炎症を起こしている部分に抗生物質に対する”耐性ができてきた”のではないか?とのこと。
事実、抗生物質は連続して投与するものではなく、症状がおさまったら(数日で)パッタリとうち切るのが普通の使い方なのだそうです。
そして残念ながら、浜すけのようなクロアカに腫瘤を持つ患者には多いパターンだとか。
出血に対する止血剤にしても、血液全体を凝固しやすくするので、血栓ができやすくなり、量を増やす事はすすめられない。
人間であれば、脳血栓とか心筋梗塞などを引き起こしかねない危険性もあるのです。
「そろそろ薬の内容を変えないといけない時期かもしれませんねー」と先生。
ステロイド剤は続投(少なくとも腫瘤の抑制には効いている)。
現在、種子を3gにして、足りない分を天上から吊した粟穂にしているので、その与え方でいいか?と確認したら、「脂肪のつき具合からしても大丈夫でしょう」とのこと・・やったー!これで毎日夕方の”餌くれ絶叫”から逃れられます〜(T-T)
本当に精神的に参ってしまうんですよぉ、毎日数時間絶叫されると・・
踏ん張る時に止まり木を握りしめるせいか余計に足の裏が赤くなっていたのに先生が気が付いて、止まり木に巻き付けるクッションテープを出してくれました。
少しでも足の痛みが少なくなるならとても嬉しいです(^^)
今までこんなのがあるなんて知りませんでした。
写真はテープと薬一式です。
画像


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です